読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としごと・しごとと

危うく同級生になるとこだった11カ月違いの年子のまいにち

【5コマ】昔の私は、いろいろと頑張っていたんだと思います。

スポンサーリンク

f:id:toshigoto:20161117172740j:plain

 f:id:toshigoto:20161117172743j:plain

f:id:toshigoto:20161117172747j:plain

f:id:toshigoto:20161117172752j:plain

f:id:toshigoto:20161117172757j:plain

昔の写真を時々見ては、「ああ、2人とも可愛かったなぁ~!」と懐かしんでおります。その中に、よく作っていたフェルトのおもちゃの写真が出てきました。

 

最初は本に載っていたお医者さんごっこバッグだったと思います。

それにハマって、お寿司屋さん・ケーキ屋さんをオリジナルで作ったら、知人に欲しいと言われて作ったり、キッズカフェのハンドメイド講座でやったりしましたね~。

だから思い出のあるフェルトのおもちゃなんです!

 

お寿司屋さんはネタケースをイメージして、透明のビニール素材をポケットにしています。マジックテープで取り外しできます。

「お寿司が出来たら へい、お待ち!って言うんだよ~」って適当なこと言うと、ホントにやってくれるんです。可愛くて悶えます。ぐうかわ。

 

ケーキ屋さんは買ったケーキを入れる持ち帰り用のバッグをつけました。

畳むと平面になるのでかさばらないし、持ち運びしやすく良かったんです。

 

アイス屋さんとか八百屋さんとか、魚屋さんとか何でも出来そうです!

こういうアイデアを出すのが大好きだったのに、今はもう全然ですね。

当時の私は頑張ってたんだな・・・。

 

フェルトの〇〇屋さんバッグ、今まだ小さいお子さんがいらっしゃる方は是非作ってみてください。3歳くらいがオススメです。

※あんまり小さい子だと本当に食べちゃうから、気を付けてください!

 

私もまた作りたいなぁ~。

そうなるとやっぱり孫か・・・孫が欲しい!