読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としごと・しごとと

危うく同級生になるとこだった11カ月違いの年子のまいにち

【5コマ】だれかがやらねばならぬのだ・・・

スポンサーリンク

f:id:toshigoto:20161109194739j:plain

 f:id:toshigoto:20161109194742j:plain

f:id:toshigoto:20161109194745j:plain

f:id:toshigoto:20161109194753j:plain

f:id:toshigoto:20161109194758j:plain

小さい子って、お気に入りのタオルとか毛布とかぬいぐるみってありますよね?

りーちゃんは寝る時にこれがないと眠れないという毛布がありました。

 

この毛布、まーさんが学生の時に使っていたやつで毛布というかホットカーペットカバー?全然、肌触りが良いとかそういう代物ではなかったんです。

りーちゃんがなぜこの毛布を気に入っていたのか、本当に謎です。

 

でも、この毛布がないと寝られないので、お店(キッズカフェ)をしていた時には毛布も一緒に出勤していたんです。

でもある日、うっかり持って来るのを忘れちゃって・・・。

お昼寝したいのに「毛布がない~!」と大泣きするりーちゃんのために、まーさんが家まで取りに帰ったんです。

そんな思い出の毛布・・・。

 

でもさすがに10年経った今、この毛布が無いと寝られないという年齢は超えたので「捨ててもいいよ!」ってりーちゃんから許可をいただきました。

とはいえ普通のゴミ箱に入れたらかさばるので、「今度部屋を掃除した時に、一緒にゴミ袋に入れて!」って言いましたら、「自分で捨てるのは出来ない!」だって!

 

え~~~~~~!

 

私だってやりたくない(爆)!

だって、思い出あるもん!←おい!

 

そんなわけで、今もまだこの毛布は家にあります。

全然肌触りが良いわけでも、暖かいわけでもないのですが、思い出があるというだけで捨てることができません!!

いっそぬいぐるみにするか?・・・とも思ったのですが、なんかネズミ色の小汚い毛布なんですよ・・・(捨てなさいって)。

 

そのうち断捨離中のまーさんが見つけて捨ててくれると思う!

それまで見て見ぬふりし~ようっと。