読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

としごと・しごとと

危うく同級生になるとこだった11カ月違いの年子のまいにち

【5コマ】アドバイスの真意を読み取れば、結果はついてくる!

スポンサーリンク

f:id:toshigoto:20161020201857j:plain

 f:id:toshigoto:20161020201902j:plain

f:id:toshigoto:20161020201906j:plain

f:id:toshigoto:20161020201909j:plain

f:id:toshigoto:20161020201915j:plain

5・6年生になると市内陸上競技大会があり、選手候補は早朝と放課後に陸上練習を行うのです。きーくんはハードル選手候補に選ばれました。

私も、まーさんもこういうのに一切縁がないので、誰に似たんだろう(笑)。

 

でも、なかなかハードル走のタイムが縮まらなくて、困っていたそうです。

そしたら今、一番の仲良しで足の速いY君からアドバイスをもらったそうな。

 

きーくんの走り方は、アゴが強調されすぎている と。

 

どうゆうこと!?

でも、このアドバイスで何かを感じたきーくん、ハードルのタイムが縮んだそうな。

 

そんなアホな!?

 

確かにきーくんの走り方はちょっとフォームが独特で、毎年持久走では20~30位くらいには入るんですが、フォーム次第ではもっと順位が上げられそうではありました。

※マリオみたいに上に跳ね上がるので無駄が多かった。

 

その話は私もまーさんも何年もしているのですが、きーくんは聞く耳を持たずフォームを直す気が全くなかったんです。

 

なのに、友達のアドバイスはすんなり聞くのね!

 

オッケー!

今年の持久走の時は「アゴが強調されてんぞ~!」って応援すればいいのね!

楽しみにしとく!