としごと・しごとと

危うく同級生になるとこだった11カ月違いの年子のまいにち

【4コマ】エボルタ事件★その2

スポンサーリンク

 

f:id:toshigoto:20160801203942j:plain

 f:id:toshigoto:20160801203951j:plain

f:id:toshigoto:20160801224720j:plain

f:id:toshigoto:20160801204002j:plain

昨日の続きです。

練習の時の試走で友達よりもかなり遅かったきーくんのロボット。

実はロボットの動力は、単4電池が5本。

 

先生に「エボルタ電池を使うこと!」と言われていたので、きーくんにはエボルタ電池を多めに持たせていたのです。しかし、きーくんは試走の段階で本番用のエボルタ電池も使い果たしてしまったのです。

 

それを思い出したのが、大会予選前日の午後。

その日も試走に行くというのですが、近所に電池を買える電器屋などがなかったのです。仕方なく、百円ショップに寄って単4電池を5本買ってロボット教室に向かいました。

 

その結果が昨日の通りです。

 

 本番はエボルタ電池のほうがいいだろうと言うことで、ロボット教室の帰り道に電器屋に寄って帰りました。10本で1200円でした! 1本120円。

なんという高級な電池なんだろう・・・。

 

実はネットで買うと、約半額で購入することが出来るんですよ。

もっと早く言ってくれていれば、問題なく買えたのに!きぃ!くやしい!

 

そんなわけで、本番は新品のエボルタ電池を使いました。

だから、本番はめっちゃ早かったのです。

 

結論:エボルタ電池はすごかった!

毎年、トライアスロンに挑戦とか電車を動かすとかいろいろ挑戦してますが、今回身を持って体感しました!

 

そんなわけで、昨日と今日の絵日記のタイトルは「エボルタ事件」だったわけです!

 

___________おしまい__________

 

余談ですが、きーくんの通っているロボット教室の監修はロボットクリエーターの高橋智隆先生です。

エボルタくんやロビィを作った先生です。

f:id:toshigoto:20160801204006j:plain

ロボットにあまり興味のない女性でも、この見た目の可愛さで応援したくなりませんか?デザインは大切ですね~。

広告を非表示にする